東日本大震災
関連事業

県内食品加工業者を対象とした加工食品の放射能検査について

 ハイテクプラザ及びハイテクプラザ会津若松技術支援センター(福島県県産品加工支援センター)では、県内の食品加工業者等を対象に加工食品の放射能検査を実施しています。

1.対象企業
  県内に住所、事業所又は事務所を有する食品加工業者等

2.検査対象
  上記事業者が出荷・販売する加工食品・飲料(水を含む)及びその原料。
  ※出荷・摂取規制等(自粛を含む)の対象物を原料に用いた製品は検査できません。
  (参考:農林水産省「東京電力福島第一原子力発電所事故を踏まえた円滑な食品流通の確保について」)
  ※「飲料(水を含む)」の「水」には、加工食品・飲料の原料となる水や調理に使用する水を含みます。
    なお、水道水については検査対象といたしません。
  (各市町村が水道水のモニタリングを行っていますので、そちらを御確認ください)
  ※加工食品であっても、自家消費用の場合は検査対象となりません。

3.検査料金
  無料
  測定場所までの検体持ち込みや報告書授受のための費用、ガソリン代、お問い合わせのための
  電話代などは、お客様の御負担になりますので、あらかじめ御了承ください。

4.検査内容
  検査方法:食品中の放射性セシウム検査法(ゲルマニウム半導体ガンマ線スペクトロメーターによる
       核種測定)
  ※厚生労働省通知 食安発0315第4号「食品中の放射性物質の試験法について」
   別添「食品中の放射性セシウム検査法」(平成24年3月15日)
  ※文部科学省編「ゲルマニウム半導体検出器によるγ線スペクトロメトリー」(ヨウ素131)
  検査装置:ゲルマニウム半導体検出器型放射能測定装置(キャンベラ製 GC3020)
  検査項目:放射性セシウム(セシウム134+セシウム137)(御要望により放射性ヨウ素131)
  単位:Bq/kg
  検出限界値(核種ごと):10Bq/kg程度(一般食品、緑茶)
                1Bq/kg程度(水)

5.検体
  必要量:200gまたは200mℓ以上(一般食品、緑茶)
      2ℓ以上(水)
  ※検体によって必要量が異なりますので、お申し込みの際にお問い合わせください。
   特に、粉体状の食品や緑茶、塩については、必ず御相談ください。
  前処理:固形物やゲル状のものは5mm以下に切断・粉砕し、均一になるよう撹拌してください。
      (詳しくは、検体の前処理方法 を御覧ください)
  ※検査終了後の検体は当所で処分いたします。返却を御希望の方はお申し出ください。

6.申し込み方法
  お電話で検査日を御予約いただき、放射能測定依頼書に必要事項を御記入のうえ、下記申込先に検査日の
  10:00までに検体と合わせて持参もしくは郵送ください(持参いただくのが難しい場合は御相談ください)。
  ※英語の報告書を御希望の方は、依頼書の報告書言語欄の「□英語」にチェックを入れて、会社名、品名を
   英語で記入してください。

東日本大震災関連事業
放射線対策業務

広告

  • 福島県ものづくり企業データベース
  • 株式会社以輪富
  • バナー広告募集中

注目事業

  • 工業製品の残留放射線量検査
  • 加工食品の放射能検査
  • 福島県廃炉・除染ロボット技術研究会
  • 保有施設・設備紹介
  • メールマガジン登録・解除
  • 保有知的財産の活用
  • 申請書ダウンロード
  • 産学官連携コーディネーターマップ

関連団体

  • 福島県
  • テクノコム
  • 一般社団法人 福島県発明協会
  • 福島空港
  •     
  • 福島県営工業団地

福島県ハイテクプラザの機器整備事業には、(公財)JKAの補助金が使われています。

ページトップ