新着情報

スマートフォンを活用した道路状況センシングとその局所的情報交換のための車車間通信の研究開発成果報告書(平成23年度版・平成24年度版)

 平成23年9月から平成25年3月まで、総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) 地域ICT振興型研究会開発により、「スマートフォンを活用した道路状況センシングとその局所的情報交換のための車車間通信の研究開発」を行いました。

 本研究開発は、車載した一台のスマートフォンで、凍結路検出、対向車線渋滞検出等のセンシングを行います。
 次に、車両同士がすれちがう際にBluetoothによる車車間通信を行い、その局所的道路情報を交換します。
 交換する情報は自車がこれから走行する先の局所道路情報であり、心づもりを持った運転ができるよう、運転負荷(心理的ストレス)を考慮した適切なタイミングで情報提示をするようにしました。


1 本研究開発の新技術
 (1)車両検知・凍結検知器のインフラ設置がない道路でも、車両が道路状況を検出できます。
 (2)VICSやセンタ型プローブ情報システムでは取得できない局所道路状況を、車車間通信でリアルタイムに取得できる期待が持てます。


2 成果報告書
 平成23年度分はこちら
 平成24年度分はこちら


3 参画機関
 福島県ハイテクプラザ
 いわき明星大学
 福島コンピューターシステム株式会社


○本システムの実装のご希望、共同研究開発、ご要望、その他のお問い合わせはこちらまでお願いします。

広告

  • 福島県ものづくり企業データベース
  • 株式会社氷感
  • バナー広告募集中

注目事業

  • 工業製品の残留放射線量検査
  • 加工食品の放射能検査
  • 保有施設・設備紹介
  • メールマガジン登録・解除
  • 保有知的財産の活用
  • 申請書ダウンロード

関連団体

  • 福島県
  • テクノコム
  • 一般社団法人 福島県発明協会
  • 福島空港
  • 福島県営工業団地
  • ふくしま医療機器開発支援センター

福島県ハイテクプラザの機器整備事業には、(公財)JKAの補助金が使われています。

ページトップ