福島県農業総合センターの機能と沿革

 福島県農業総合センターは、農業関係の試験研究機関を再編統合した技術開発機能を核に、安全・安心な農業を推進する機能、農業教育機能を兼ね備えた本県農業振興の新たな拠点です。
 試験研究体制を強化し、農業者に対する技術支援を行うほか、開放施設(交流棟、展示農園等)を活用して消費者や子ども達へ農業の魅力や重要性を伝えていきます。


機能

1 技術開発・企画調整機能
 共通研究部門(経営・作業技術・生物工学・生産環境)、専門研究部門(水田畑作・園芸・果樹・畜産)、地域研究部門(会津・浜)が緊密に連携し、統合集中化のメリットを最大限に発揮することにより、実用性の高い技術の迅速かつ効率的な開発に取り組みます。

2 地域農業支援機能
 地域農業を支援するため、既存の技術のみでは解決が困難な地域の課題に対し、現地の普及指導員、農業者、農業団体及び市町村等と共同して解決にあたります。

3 先進的農業者育成・支援機能
 先進的な技術や最新の知見を営農条件に合った形に組み立て、実用的な新技術として生産現場に適応させることにより、複雑化・高度化する生産現場の課題解決の迅速化を図ります。
 農業教育面では、農業短期大学校と一体的に地域を先導する農業後継者の育成にあたります。

4 食の安全・環境にやさしい農業支援機能
 農業の振興には、環境に配慮し、消費者のニーズを重視して農産物を生産してゆくことが重要であるため、農業生産面からの環境保全や農薬等生産資材の適正使用の推進、農産物の安全性の確保に積極的に取り組みます。また、県内における有機農業の普及拡大を強力に支援します。

5 県民との交流・情報発信機能
 センター整備の基本理念の一つである「開かれた試験研究機関」を具現化し、県民の様々な期待に応えられる交流・学習拠点としての役割を果たすため、県民の憩いの場や、子供たちの農業体験や食農教育、高齢者の生涯学習等の機会を提供します。


沿革

 明治29年(1896年) 安積郡小原田村(現郡山市小原田)に農事試験場を創設(後の農業試験場)
 明治34年(1901年) 安達郡高川村(現郡山市熱海町)に種馬飼育場を設置(後の畜産試験場)
 大正3年(1914年)  伊達郡梁川町(現伊達市)に原蚕種製造所を設置(後の蚕業試験場)
 大正14年(1925年) 田村郡片曽根村(現田村市)にたばこ試験場を設置
 昭和10年(1935年) 信夫郡平野村(現福島市飯坂町)に農事試験場信達分場を設置(後の果樹試験場)
 昭和10年(1935年) 西白河郡矢吹町に県立修練農場を設置(後の農業短期大学校)
 昭和11年(1936年) 郡山市に種鶏場を設置(後の養鶏試験場)
 昭和27年(1952年) 県内16ヶ所に病害虫防除所を設置
 昭和37年(1962年) 福島市に肥飼料検査所を設置

 平成18年(2006年) 農業試験場、果樹試験場、たばこ試験場、畜産試験場、養鶏試験場の試験研究機関と、農業短期大学校
                及び病害虫防除所、肥飼料検査所を再編統合し、福島県農業総合センターが発足。