ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ふくしま地方拠点強化促進税制(税制優遇)

目的・概要

本社機能の移転や拡充を行う事業者が「地方活力向上地域特定業務施設整備計画」を県に申請し、認定を受けることにより、課 税の特例等の支援措置を受けることができます。

対象施設

特定業務施設(本社機能)※
※特定業務施設とは、「調査・企画部門」、「情報処理部門」、「研究開発部門」、「国際事業部門」、「その他管理業務部門」のいずれかを有する事務所または研究所、もしくは研修所であって重要な役割を担う事業所をいいます。工場や店舗などは対象になりません。

主な認定要件

・福島県の地域再生計画に適合すること。
・本社機能(特定業務施設)において従業員が5人(中小企業者は2人)以上増加すること。
※移転型事業については、過半数が東京からの移転であること。
・事業期間が福島県の計画期間内(2022年3月31日)であり、2020年3月31日までに県の認定を受けること。

拡充型(地方の企業の拠点拡充)

○オフィス減税
 ・建物等の取得価額に対し、特別償却15%または税額控除4%
○雇用促進税制
 ①法人全体の雇用増加率が8%以上の場合は1人当たり60万円を税額控除
 ②法人全体の雇用増加率が8%未満の場合は1人当たり30万円を税額控除
○地方税の不均一課税

移転型

○オフィス減税
 建物等の取得価額に対し、特別償却25%または税額控除7%
○雇用促進税制
 ①当該特定業務施設の当期増加雇用者1人当たり60万円または30万円を税額控除(初年度)( ただし、法人全体の増加雇用者数を上限) 
 ②①に加え、東京23区からの移転者を含む当該地方事務所の当期増加雇用者1人当たり30万円の税額控除を追加
  ※②は最大3年間継続。ただし、当該特定業務施設の雇用者数または法人全体の雇用者数が減少した後は不適用
○地方税の不均一課税又は課税免除

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。