ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

福島県企業立地ガイド

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

福島を選ぶ理由

ふくしまからはじめよう ふくしまからはじめよう

ロボット関連産業集積プロジェクト

福島県は、東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故からの復興を成し遂げるため、新たな産業の創出として、ロボット関連産業の振興に取り組み、「ロボット産業革命の地 ふくしま」の形成を目指しています。

福島ロボットテストフィールド(南相馬市・浪江町)

福島イノベーション・コースト構想に基づき南相馬市及び浪江町に整備する「福島ロボットテストフィールド」は、物流、インフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主対象に、実際の使用環境を拠点内で再現しながら研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができる、世界に類を見ない一大研究開発拠点です。

Copyright © 2017 Fukushima Prefecture.All Rights Reserved.

開発基盤エリア

福島ロボットテストフィールドの本館としての機能を持ち、各試験の準備、加工・計測に加えて、ロボットの性能評価のための各種試験を行うことができます。研究者の短期~長期の活動拠点としての利用、事務所の開設、大規模会議も可能です。

研究室
会議室
屋内試験場
機器分析室・精密測定室

加工室
環境測定室
電波暗室
振動試験室
耐風・降雨試験室

無人航空機エリア

無人航空機向けとしては国内最大となる飛行空域、滑走路、緩衝ネット付飛行場において、基本的な飛行から衝突回避、不時着、落下、長距離飛行など多様な試験ができます。

滑走路(500m×20m)
広域飛行区域・通信塔
緩衝ネット付飛行場
(150m×80m×有効高さ15m)

ヘリポート(20m×25m)
風洞棟(最大風速20m/s)
連続稼働耐久試験棟
(10m×9.5m×高さ5m)

水中・水上ロボットエリア

ロボットによる水中のインフラ点検と災害対応の実証試験のために整備され、ダム、河川、水没市街地、港湾等の水中で発生する状況を再現できます。

水没市街地フィールド
(50m×19m×水深0.7m)

屋内水槽試験棟
大水槽(30m×12m×水深7m)
小水槽(5m×3m×水深1.7m)

インフラ点検・災害対応エリア

ロボットによるインフラ点検と災害対応の実証試験のために整備され、トンネル、橋梁、プラント、市街地、道路等の構造物の中で、想定される災害環境、老朽化状況を再現できます。

試験用橋梁
(長さ50m、道路幅10m)

試験用トンネル
(長さ50m、道路幅6m)

試験用プラント
(S造 6階建て 1フロア約120㎡)

市街地フィールド
(3階建ビル、2階建ビル、2階建住宅5棟)

瓦礫・土砂崩落フィールド
(道路上障害物、土砂傾斜、泥濘地、周回道路)

既に開所した施設

通信塔

区域一帯でのドローンとの長距離通信の確保、気象情報の収集、他機の監視等、ドローンの安全な飛行を支える施設です。

通信塔

試験準備棟

フィールドでの試験の準備やロボットの整備が可能。延べ床面積約220㎡の鉄骨造2階建ての施設です。

試験準備棟

試験用プラント

平時・災害時のプラントを再現し、点検、情報収集、機器操作に関する試験や操縦訓練を行う施設です。

試験用プラント

2019年度中にすべての施設が開所予定です!

広域飛行エリア

浪江町にも滑走路を配置し、
10km以上の長距離飛行試験が
可能です。

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。