福島県内企業廃炉・除染ロボット関連技術展示実演会を開催しました(報告)

【開催概要】
 名称: 福島県内企業廃炉・除染ロボット関連技術展示実演会
 目的: 東京電力福島第一原子力発電所の廃炉・除染に携わる方々に、福島県内ものづくり企業の特徴ある
    技術や製品、意欲的な取組みなどを展示実演により御紹介し、これら企業の技術・能力を御活用いた
    だくことにより、廃炉・除染の推進に貢献する。
 会期: 平成28年12月7日(水)13:00~16:00
 会場: 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)
     楢葉遠隔技術開発センター 試験棟、研究管理棟(VR見学ツアー)
     (福島県双葉郡楢葉町山田岡仲丸1−22)
 主催: 福島県廃炉・除染ロボット技術研究会
 協力: 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)
     東京電力ホールディングス株式会社 福島第一廃炉推進カンパニー

 

【開催報告】
 
県廃炉・除染ロボット技術研究会会員企業と東京電力ホールディングス株式会社(以下「東京電力」という。)をはじめとする東京電力福島第一原子力発電所の廃炉・除染に携わる事業者とのマッチングの機会として、福島県内企業廃炉・除染ロボット関連技術展示実演会(以下、「展示実演会」という。)を開催しました。
 本展示実演会は、8月30日に開催予定したものの台風10号の接近上陸により中止したものを、東京電力および国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(以下「JAEA」という。)の協力を受け、改めて実施したものです。会場である楢葉遠隔技術開発センターの試験棟のIRID利用区画以外のほぼ全面を用いたイベントであり、500名を超える来場がありました。


【出展規模】
 
(1)ロボット実演                 4団体(社)
 (2)技術・製品等の展示          16団体
 (3)出展者プレゼンテーション        4社
 (4)バーチャルリアリティシステム見学ツアー 6回実施(30名/回)

 

【来場者数】
 (1)東京電力HD(株)         72名
 (2)廃炉・除染協力企業     218名
 (3)一般企業・団体        56名
 (4)研究機関・大学・官公庁      73名
 (5)報道機関           12名
 (6)出展者・研究会員          79名
 (7)事務局              29名   合計539名

 

  • 電動マルチコプター「DK-01」電動マルチコプター「DK-01」
  • 小型電動災害対応ロボット「SPIDER」小型電動災害対応ロボット「SPIDER」
  • 4腕極限作業ロボット「OCTOPUS」4腕極限作業ロボット「OCTOPUS」
  • モジュール型小型水中ロボットモジュール型小型水中ロボット

ページトップ