福島県県産品加工支援センター

最新のお知らせ

 平成30年度第4回技術で支える県産品加工支援事業 研修開催のご案内
 「安全な6次化商品開発のために必要な殺菌知識の習得」
 ~その商品、殺菌温度、時間は適正ですか~

1.目的 
6次化商品の開発にあたり安全な商品づくりに必要な殺菌に関する知識を習得する。また、販売方法や流通を考えた殺菌方法、特に水分活性、pH、殺菌温度等の関係について学び、製造工程の組み立ての一助とする。さらに賞味・消費期限の設定方法についての基本を習得する。

2.日時 平成30年12月12日(水) 13:00~16:00

3.研修場所
  農業総合センター 大会議室
(郡山市日和田町高倉字下中道116)

4.内容
  ○食品の殺菌方法について
  ○賞味・消費期限設定の基本

5.受講対象者
  6次化に取り組む生産者、加工業者 
※会場の都合により一団体で複数人の申し込みがあった場合は、参加人数を調整させていただく場合がありますのでご了承ください。

6.募集定員:40名程度

7.申込方法
下記リンクの申込書に必要事項を記入し、県産品加工支援センターまでファックスまたはE-mailによりお申し込み下さい。
研修申込書(PDF版)
研修申込書(Word版)


〇農業総合センター流通加工科の試験研究で得られた成果をマニュアルにしてHP上で公開しました。
詳細は下記のリンク先を参照ください
農業総合センター技術マニュアル

リンゴ「べにこはく」加工マニュアル
・果皮の色(アントシアン)の変化や退色の防止について
・果皮の色を活かす加工
 ジュース・ジャム・コンポート・ドライフルーツへの加工方法

漬物(浅漬け)加工における殺菌マニュアル
・次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用した殺菌方法
・電解水の利用について

「ふくしま6次化支援のしおり」ができました!(PDF形式・7.3MB)

県産品加工支援センターより

  •   福島県県産品加工支援センターは、福島県の豊かな農林水産資源を基盤とした新たな「食」産業の創造を図るために策定された「ふくしま・地域産業 6次化戦略」に基づき、県の工業系の試験研究機関である「ハイテクプラザ」と農業系の試験研究機関である「農業総合センター」が連携して食品加工に関する技術開発・技術相談などを行うために平成22年4月1日に 開設されました。
  •  ハイテクプラザ会津若松技術支援センター内に企画支援チームと食品加工支援チーム、農業総合センター内に農産物流通加工支援チーム、また、農業総合センター農業短期大学校内に同チーム分室と、県内3箇所に活動拠点を置き、3公所が連携して業務を行っています。
  • 福島県県産品加工支援センター加工支援事例集ができました!

問い合わせ先

○総合相談窓口
企画支援チーム
(福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター内)
TEL:0242-39-2974

関連リンク