福島県県産品加工支援センター

最新のお知らせ

平成30年度「第3回技術で支える県産品加工支援事業」研修のご案内

・研修タイトル
~色、風味良く仕上がっていますか~ 
「県産果実を利用したコンポート加工と新調理法の紹介」

・目的
 鮮やかな色を残し食感の良い果実のコンポートに加工するためには、酸化や酵素による褐変を抑え、加工後はすみやかに冷却することが大切です。また、上手にコンポートに加工できれば収穫期以外にも生の食感を生かした新たな加工品の商品化にもつながります。本研修では、果実の褐変防止などのポイントを学びます。
さらに、果実の風味を残し、速やかに味を含浸させる調理ができる「減圧加熱調理器」の活用方法について紹介します。


・日時
平成30年9月4日(火) 13:00~16:00
・研修場所
福島県農産加工技術センター うつくしまアグリ工房開発室
場所:農業総合センター農業短期大学校(矢吹町一本木446-1)

・内容
○果実のコンポート加工について
「減圧加熱調理器」の実演デモ

・受講対象者
6次化に取り組む生産者、加工業者(果樹生産者優先)
募集定員:30
・申込方法
下記のリンク先の申込書に必要事項を記入し、県産品加工支援センターまでファックスまたはE-mailによりお申し込み下さい。
申込締め切り:平成30年8月30日(木)15:00まで
研修の案内・申込書はこちら(pdf形式)
word形式の申込書はこちら




〇農業総合センター流通加工科の試験研究で得られた成果をマニュアルにしてHP上で公開しました。
詳細は下記のリンク先を参照ください
農業総合センター技術マニュアル

リンゴ「べにこはく」加工マニュアル
・果皮の色(アントシアン)の変化や退色の防止について
・果皮の色を活かす加工
 ジュース・ジャム・コンポート・ドライフルーツへの加工方法

漬物(浅漬け)加工における殺菌マニュアル
・次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用した殺菌方法
・電解水の利用について

「ふくしま6次化支援のしおり」ができました!(PDF形式・7.3MB)

県産品加工支援センターより

  •   福島県県産品加工支援センターは、福島県の豊かな農林水産資源を基盤とした新たな「食」産業の創造を図るために策定された「ふくしま・地域産業 6次化戦略」に基づき、県の工業系の試験研究機関である「ハイテクプラザ」と農業系の試験研究機関である「農業総合センター」が連携して食品加工に関する技術開発・技術相談などを行うために平成22年4月1日に 開設されました。
  •  ハイテクプラザ会津若松技術支援センター内に企画支援チームと食品加工支援チーム、農業総合センター内に農産物流通加工支援チーム、また、農業総合センター農業短期大学校内に同チーム分室と、県内3箇所に活動拠点を置き、3公所が連携して業務を行っています。
  • 福島県県産品加工支援センター加工支援事例集ができました!

問い合わせ先

○総合相談窓口
企画支援チーム
(福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター内)
TEL:0242-39-2974

関連リンク